01仕入れ原価を知る
【まつエクサロン必読集】

まつげエクステの施術で得られる利益はどれくらいになるのでしょうか?
オープン時にかかる初期費用や商材の原価から、利益を得るためのメニュー設定を考察してみました。

まつげエクステの原価はズバリ?

まつげエクステのサロンでの施術料金は、大体5,000円前後(※1)に設定されています。その仕入れ材料費は、他の業者と比べても安価であり、原価率も一般的には5%前後(※2)と低めです。ですから、上記の施術料金では、材料費は200円程度といったところです。しかも、エクステの使用期限は気にすることがないので、不良在庫が発生しにくいというメリットもあります。

(※1)2020年11月時点、編集部調べ
(※2)参照元:BEAUTE(https://www.beaute-p.com/eyelist/24475/#:~:text=マツエクの場合は材料,保つことが重要です。)

まつげサロン立ち上げ時にかかる原価

開業資金目安:多店舗展開サロンの場合

多店舗展開はするにあたって、レンタルサロンや賃貸マンション、貸店舗とさまざまな選択肢がありますが、事業譲渡(M&A)やフランチャイズ展開という選択肢もあります。

経営体力がなかったばかりに事業譲渡を考えるオーナーもおり、掘り出し物のサロンと出会えることもあります。フランチャイズであれば、本部のノウハウとアドバイスを基に経営を拡大させていく事も可能です。

経費項目 費用目安
内装工事費 350,0000円前後
材料費 20,0000円前後/1店舗
什器・備品 1,000,000円前後
広告宣伝費 2,500,000円前後
人材募集 3,000,000円前後
研修・教育費 50,0000円前後
その他 20,0000円前後

参照元:
J-Net21(https://j-net21.smrj.go.jp/startup/guide/service/2017071301.html)
30歳からの小さなサロンの開業術(https://www.felicite-kobe.net/column/archives/1641)

開業資金目安:個人サロン(貸店舗)の場合

商業用のテナントビルなどの貸店舗での開業では、保証金などを含めた賃料が自宅サロンやマンションサロンに比べると高く設定されています。運転資金なども含めると、最低でも300万円以上はかかると思っていたほうがいいでしょう。

少しでも安く抑えるのであれば、内装費用などを安く抑えることができる居抜き物件がおすすめです。

経費項目 費用目安
物件取得費 1,000,000円前後
材料費 200,000円前後
什器・備品 100,000円前後
広告宣伝費 300,000円前後
人材募集 0円
研修・教育費 0円
※オーナーの自己投資費は別
運転資金 1,500,000円前後

参照元:
30歳からの小さなサロンの開業術(https://www.felicite-kobe.net/column/archives/1641)

開業資金目安:自宅サロンの場合

自宅で開く場合では、改築費用がかかってきます。家具や材料、宣伝広告費、そして数か月分の運転資金が必要です。また、いくら自宅だからと言っても、保健所への美容所登録が当然必要となりますので、その条件をクリアーする必要があります。

経費項目 費用目安
内装工事費 1,000,000円前後
材料費 200,000円前後
什器・備品 100,000円前後
広告宣伝費 300,000円前後
人材募集 0円
研修・教育費 0円
※オーナーの自己投資費は別
運転資金 500,000円前後

参照元:
30歳からの小さなサロンの開業術(https://www.felicite-kobe.net/column/archives/1641)

原価を加味したメニュー設定をしよう

まつげエクステの相場価格は、一般的には5,000円~6,000円(2020年12月時点、編集部調べ)ほどとなっています。ただ、エリアによって金額に差があり、東京などの都市部は多種多様な価格設定で、大阪や福岡などは価格競争が激しいことからも安く、地方都市ではターゲットに応じた価格設定がされています。

出店エリアの平均価格に合わせるのも大事ですが、コストや施術時間なども加味して考える必要があります。

料金設定の基本は原価率。まつげエクステでは材料費を安く抑えることが可能なので、5%~10%程度(※)が一般的となっています。5,000円のメニューなら材料費は350円(※)ほどが望ましく、残りの費用で家賃や人件費、光熱費などに充てていきます。

サロンの客層やエリアなどから平均金額を出し、原価率を考えながら調整していきます。

(※)参照元
Beaute(https://www.beaute-p.com/eyelist/24475/)
日向あき『小さなサロン開業アドバイザー』好きな美容をお仕事に!(https://ameblo.jp/akiko-totalbeauty/entry-12436130719.html)

編集部まとめ

イメージ
エリアとターゲット、お店のコンセプトから決める

料金設定は、サロンを成功させるかどうかを左右させる重要なポイント。エリアとターゲット、そしてお店のコンセプトから基本料金を設定するのが賢いやり方です。

若い年齢層をターゲットにするなら、お手頃価格で取り入れやすいメニューを。働く人が多いエリアではフォーマルにもプライベートにも使えるメニュー、ブランド店が並ぶエリアなら高級感のあるメニューを用意するなど、サロンの立地やターゲットを考えて決めていくと良いですね。

利益にこだわるあまり原価の安さだけを重視した素材や店販商品よりも、どんなサロンにしたいのかをしっかり決めて、サロンにあうラインナップを揃えている商社を取り入れいく方が確実です。

売り上げUPを目指す
オーナー様向け
まつげエクステ通販
サイト4選

スリービューティー

Three Beauty
公式キャプチャ

大人客をがっちりつかむ
客単価UP商材と担当制の無料指導

ディラックス

DLUX
公式キャプチャ

まつエク初めてさんの集客に
低価格設定のラインナップを用意

まつかぜ

松風
公式キャプチャ

初出店はとにかく物入り
まつエクサロンの機器まで揃う

ミス・アイドール

Miss eye d’or
公式キャプチャ

高級路線のサロン・
ブランディングを叶える商品展開

サロンのターゲットに合わせやすい自社開発商材(※1)を揃え、スタッフの技術力までサポートしてくれる、まつげエクステ通販サイトをセレクト(※2)しています。

(※1)詳しくは、記事『サロンの売り上げUPに不可欠な3つのポイント』内の「自社開発商材を扱う商社通販を選ぶ」をご参考ください。
(※2)2020年11月時点で、「まつげエクステ 通販」と検索をした際に、Google検索画面上位20の通販ショップを調査した上で、その中から4つの通販を選定。選定した4つの通販サイトを五十音順に並べて紹介しています。