まつげエクステ
繁盛店にするための
基礎知識

多くのお客様に来店してもらうために、抑えておきたいポイントを項目別にまとめてみました。価格設定からメニューの決め方、回転率、集客方法など、売り上げアップを考えるうえで欠かせない事ばかりです。

01.仕入れ原価を知る

料金設定の決定はサロン経営の成功を大きく左右するものとなり、設定した金額に合わせて仕入れられる商品の範囲が決まります。
一般的にまつげエクステの売り上げに占める原価率は5%前後(※)と言われていますので、その原価率を念頭に、エリアやターゲット、そしてお店のコンセプトから仕入れ商品も決めていきます。

参照元:
BEAUTE(https://www.beaute-p.com/eyelist/24475/#:~:text=マツエクの場合は材料,保つことが重要です。)

02.客単価アップ

客単価アップを狙うなら、オプションメニューを充実させるのがおすすめです。たくさんの商材があるなかでも、ターゲット層にぴったりの魅力的なものを選ぶことがポイント。顧客などの「こんなのがあったらいいな」「こんなことが気になる」といった声をヒントにしてもいいですね。ここでは、まつげエクステのオプションメニューとして定番の品を集めてみました。他店との差別化で、客単価をアップしつつ顧客数を増やしましょう。

03.リピート戦略

マツエクは一度付けたら終わりではなく、定期的にオフして付け直すと次の来店が期待できる商売です。だからこそ、新規で終わるのではなく、リピーターとして長く定期的に通ってもらえると売り上げも安定します。リピーターになってもらうのはどうしたらいいのか?アンケートなどを元に、その対策を考えていきます。

04.技術力の高い人材育成

優れた技術力を持つアイリストは、お客様の満足度が高く、リピーターになってもらえる可能性が大。売り上げアップにも欠かせない要因です。スタッフの技術力を高めるにはどうしたらいいのか?その成功例と共にまとめてみました。

05.差別化メニューの作り方

他店にはない魅力的なメニューが充実していると、「ここでしか受けられない」として、他店と比べた時に優位。商材の充実はもちろん、アイシャンプーやトリートメントなどのオプション、アイブロウなども他商品も組み合わせた提案ができると、お客様の選択の幅も広がります。他店にはない魅力として選んでもらえるのはもちろん、単価アップも期待できます。

06.回転率をあげるには?

回転率を上げるには、まずはベッドやスタッフの生産性を把握する必要があります。これらは効率指標と売上指標として、経営方針を決めるなかで大事なデータになります。これらのデータを基に、的確な商材を選ぶことで、回転率の向上へとつながっていきます。

07.集客方法:販促のコツ

たくさんあるまつげエクステのサロンの中から選んでもらうには、技術やサービスだけでなく、まずはサロンの存在を知ってもらわなければいけません。その方法として、現在主流となっているのが、SNSやポータルサイトなどのITツールの活用です。今やホームページやブログを持つのは当たり前となっているだけに、ネットを活用した集客は必須とも言えます。

売り上げUPを目指す
オーナー様向け
まつげエクステ通販
サイト4選

スリービューティー

Three Beauty
公式キャプチャ

大人客をがっちりつかむ
客単価UP商材と担当制の無料指導

ディラックス

DLUX
公式キャプチャ

まつエク初めてさんの集客に
低価格設定のラインナップを用意

まつかぜ

松風
公式キャプチャ

初出店はとにかく物入り
まつエクサロンの機器まで揃う

ミス・アイドール

Miss eye d’or
公式キャプチャ

高級路線のサロン・
ブランディングを叶える商品展開

サロンのターゲットに合わせやすい自社開発商材(※1)を揃え、スタッフの技術力までサポートしてくれる、まつげエクステ通販サイトをセレクト(※2)しています。

(※1)詳しくは、記事『サロンの売り上げUPに不可欠な3つのポイント』内の「自社開発商材を扱う商社通販を選ぶ」をご参考ください。
(※2)2020年11月時点で、「まつげエクステ 通販」と検索をした際に、Google検索画面上位20の通販ショップを調査した上で、その中から4つの通販を選定。選定した4つの通販サイトを五十音順に並べて紹介しています。