プロ御用達!まつげエクステ通販サイト大比較 サロン仕様の品質!大満足のまつげエクステ通販サイト特集
まつげエクステ商材の通販サイト集
どれを選ぶ?まつげエクステの種類
まつげを伸ばすための基礎知識
まつげエクステの正しい使い方
Ranking 使えるまつエク通販サイトランキング
2位 ビューティプロダクツ

詳しくはコチラ

1位 アイコスメ松風

詳しくはコチラ

3位 はまざき

詳しくはコチラ

HOME >  まつげを伸ばすために知っておきたい基礎知識 >  ビューラーは使っちゃダメ?

ビューラーは使っちゃダメ?

まつげはデリケートなものです。
しかし、何気なくおこなっている行為でまつげにダメージを与えている可能性があります。NGだと言われている行為はいろいろありますが、その中でも特に注意したいのが、ビューラーの使用。

今やアイメイクの必需品となっているビューラーですが、使い方を間違えるとまつげに大ダメージを与えてしまうのです。

そこで、ビューラーがまつげに与えるダメージについてまとめました。正しいビューラーの使い方も解説していくので、毎日のアイメイクにぜひ取り入れてみてください。

まつげをビューラーで挟むのは危険!

アイメイクの仕上げとしてビューラーでまつげをカールさせる際、力を入れて挟む人も少なくないと思います。
思い切り挟んだ方が、まつげにカールのクセがついて、長時間キープできそうですよね。
しかし、これは危険な行為。まつげに深刻なダメージを与えてしまいます。

まつげは髪の毛よりもデリケートで、根毛が皮膚の浅い位置にあるので、ちょっとした刺激でも抜けやすいのだそう。
また、力が加わりすぎると、挟んだ部分から切れてしまうこともあります。

1回だけなら気にならないことですが、こんなことを毎日繰り返していると、まつげがどんどん減ってしまいます。最悪の場合、気付いたらまぶたの周りがスッカスカなんてことも。

そうならないためにも、ビューラーは力を入れずに使い、なるべく使用回数を減らすことをおすすめします。
まつげエクステやパーマなど、ビューラー無しでくるんとしたまつげになる方法もあるので、上手に組み合わせて活用してダメージを減らすことが、美しくて健康的な自まつげを手に入れる近道です。

ビューラーの正しい使い方

まつげエクステやパーマを活用することでビューラーの使用頻度が下がっても、まつげへの影響を気にして、一切使わない!というわけにはいきませんよね。正しい使い方を修得して、ダメージが少なくなるように工夫しましょう。

ビューラーの使い方で大切なのは、まつげの挟み方です。カールさせることだけを目的に考えれば、根元から力いっぱい挟むだけで良いのかもしれません。
でも、力を入れて使えば使うほど、まつげへの負担も大きくなります。少ない力で上手に上げるには、挟み方にコツがあるのです。

まずは、ビューラーでまつげの根元を軽く挟みます。そのまま、数秒間キープ。痛くなければ、多少は強めに挟んでもOKですが、ここでギュッギュッと力まないことがポイントです。

続いて、少し力を緩め、ビューラーを滑らせるようにしてまつげの真ん中辺りに移動。同じようにして挟み数秒キープしたら、次は毛先へと移動させます。

コツは、1回で大量に挟まないこと。一気にやろうとすると、上手く上がらなくてやり直す羽目になったり、まつげが切れることがあります。小分けにして丁寧にやりましょう。

正しい使い方でビューラーを使えば、まつげがしっかりカールして、ダメージも軽減できるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。