HOME >  アイリスト注目!美容のお仕事 >  エステティシャン

エステティシャン

エステティシャンの仕事とは?

エステティシャンは、「フェイシャルエステティック」「ボディエステティック」を行うのが主な仕事です。

全身美容のプロフェッショナルとして、「若々しくありたい」「美しくなりたい」という願望や欲求を実現し、人々に幸せと満足感をもたらしてくれます。

エステティシャンの種類

エステティシャンの施術方法はサロンによって細かく異なりますが、大きくボディエステティシャン・フェイシャルエステティシャン・メンズエステティシャン(メンズ脱毛)に分けられています。

エステティシャンはエステの技術だけでなく、人体の構造や人間の心理、皮膚の知識、化粧品・美容機器の取扱いに関するあらゆる知識を習得する必要があります。

仕事をする際に、正しい知識や技術が要求されるためです。最近では、さまざまなタイプのエステティシャンを養成する機関が増えていて、サロンでのOJT教育(実務を通した教育訓練)を徹底しているところもあります。

  • ボディエステティシャン

ボディエステティシャンの仕事は、全身をマッサージして美肌・痩身を作り出すこと。

体に溜まった老廃物を取り除き、発汗作用を良くしてダイエット効果を促します。施術はハンドマッサージから最新機器を使った施術まで、ニーズに合わせたさまざまな方法が用意されています。

  • フェイシャルエステティシャン

フェイシャルエステティシャンは、肌トラブルを防止・改善するスキンケアや、小顔を作り出すマッサージなどを行います。手や化粧品を使って顔面をマッサージすることで血の流れを整え、しみやシワ、たるみといった肌トラブルを改善させます。

  • メンズエステティシャン(メンズ脱毛)

男性の体に合わせ、男性の体が必要とするボディケアを施すメンズエステティシャン。近年は男性の脱毛のニーズが高く、専門知識を持ったメンズエステティシャンの需要も増えています。脱毛に不慣れな男性をサポートし、専門機材を使って、全身脱毛や部分脱毛を行うのが仕事です。

エステティシャン(メンズ脱毛)について詳しく見る>>

エステティシャンになるために

エステティシャンになる道は、以下の3つがあります。

エステの専門スクールで勉強

エステの専門スクールに通学して、エステについて勉強する方法です。エステの知識や技術を集中して勉強でき、現役エステティシャンの講師から直接教えてもらえます。卒業試験に合格すると、エステティシャンの資格が取得できます。

エステの通信講座で学ぶ

エステティシャンを養成する通信講座で学ぶ方法です。送られてくるDVDやテキスト教材で、エステの知識や技術を習得できます。サロンや学校に通うことができるスクーリングという講座では、講師が直接教えてくれることも。

通信講座の過程を修了し、試験に合格するとエステティシャンの資格を取得できます。

エステサロンで働く

未経験の募集をしているエステサロンの求人に応募して、働きながら知識や技術を身につける方法です。収入を得ながらプロのエステティシャンを目指せます。しかし、スクールや通信講座に比べると一人前になるまでの期間が長くかかる場合も。

急いでエステティシャンの資格を取る必要がない方におすすめです。

エステティシャンの資格

日本では、エステのプロと名乗ることができる公的な資格制度が確立していません。そのため、さまざまな企業や団体がエステティシャンの資格を認定しています。

資格を持っていると就職に有利に働くのはもちろん、お客さんやスタッフの信頼感が高まるでしょう。資格は専門スクールに通ったり、通信教育で学んだりすることで取得できます。

未経験者を養成目的で雇い、スキルアップすると資格を取得できる制度を整えている企業・団体もあります。