HOME >  アイリスト注目!美容のお仕事

アイリスト注目!美容のお仕事

ここでは、アイリストと同じく美容業界を支える“美容のお仕事”をフィーチャーしました。

ヘアメイク、エステ、ネイリストなど、現代女性の暮らしに欠かせないサービスを提供する“花形”ともいえる職業を中心に、仕事内容や必要な資格などを紹介します。

アイリストから異業種への転身を考えている方もぜひチェックしてみてくださいね。

まだまだある!美を追求するお仕事

ヘアメイクアーティスト

ヘアスタイリングとメイクを専門とする美容のプロフェッショナルです。

雑誌や映画、ショーなどの現場でクライアントの要望に合わせてヘアスタイリングやメイクアップを行います。髪に触れるため、美容師免許は必須です。

専門学校や短大で美容のコースを履修後、美容師免許を取得して就職するのが一般的ですが、現場で学びながらプロを目指すこともできます。

美容師

髪の毛のカットやカラー、パーマ、シャンプーブローなどを施し、お客さんの髪を美しく整える美容師。美容師国家資格の取得が必要で、美容専門学校に通って所定の課程を修了する必要があります。

最近は、メイクやネイル、着付けといった幅広いサービスを提供している美容室が増えているそうです。

エステティシャン

お客さんの要望に合わせてフェイシャルやボディケア、脱毛などの施術を行い、肌や全身を美しく整える仕事です。エステティシャンは資格がなくてもなれますが、人の体や肌に直接触れるため、正確な技術や知識が必要になります。

日本エステティック協会が主催する民間資格を得ることで、就職が有利になるでしょう。専門スクールに通うほかに、サロンで働きながら研修を受け、資格を取るケースも多いようです。

ネイリスト

お客さんの爪のケアやマニキュア、ネイルアートを施す仕事です。爪に色や装飾をのせたり、長さを出したり、絵画のように繊細なデザインを施したりと、「飾り立てる」ことが注目されがちですが、そもそも爪は身体の一部。健康や生活への影響が如実に現れる部位でもあるため、きちんとした専門知識を学ぶ必要があります。

資格は必要ありませんが、日本ネイリスト検定試験センターが主催している検定試験の資格があると有利です。通信講座でも学ぶことはできますが、実践的な技術を身につけるため、専門学校やサロン併設のネイルスクールなどで勉強するケースがほとんどです。